人が集まる人の考え方

人はどう思っているのか?

すべての人が知らず知らずのうちに他の人に何かを求めている。

誰もが関わる人に好感を求め、自分を受け入れて認めて欲しいと思っている。

例えば・・・

・子供は、親に愛情と安心を求めている。

・親は子供に対して言うことを聞いてもらいたいと思っている。

・上司は部下に忠誠心や協調性、そして生産性を求めている。

・社員は上司に仕事の評価の称賛を求めている。

良い人間関係はとはどのようにしたら良いのか?

すぐできることとして、

自分が求めていることを得たいなら、相手が求めていることを与えること。

簡単にできることだが、実行している人は極めて低い。多くの人は先に自分に与えて欲しいと思い、自分に与えてくれた人なら私もその人に何かを与えることができると思いがちとなっている。それでは、真の人間関係は築けない。

その人のところに人が集まる理由などないと言うことだ。

良い人間関係のコツは、人間の習性を知ることにある。

人間関係の表面的なテクニックを覚えても、それでは人との関わり方について自信はいっこうにつかない。

しかし、人間の習性の本質を理解すれば、人間関係、いわゆる人との関わり方に自信が持てるようになる。

人が集まる人になる為に、人望を得られる人になるために、考え方を体得してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 在り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。