在り方

「周りの人の成長を助けるのが優先なのか、

自分が成長するのが優先なのか悩んでいます。」

というメッセージを頂きました。

この世界にはたった一つの正解はなく、

最終的には自分の中にしか正解は無い。

という考え方もあると思います。

その観点の時に指標になるのが、

どんな目的か?

どんな目標か?

という2つです。

今回のご質問も目的によりますし、

欲しい結果にもよると思います。

周りの人の成長を助けるとありますが、

目的:周りの人の成長を何のために助けるのか?

目標:周りの人の成長をどこまで助けるのか?

が明確になれば、あなたが先か?相手が先か?

その答えは見えてくると思います。

この中には、

「あなたの目的や目標」と「相手の目的や目標」

の2つがあると思います。

また、

自分が何のために成長したいのか?(目的)

どこまで成長したいのか?(目標)

も明確にすると、その時、その時の優先順位も

明確になってくると思います。

例えば、

周りの人を、ある期限を目標に管理能力を

自分と同じくらいまで成長させたいのなら、

そして、その周りを成長させる「目的」が、

自分の成長したいという「目的」より

優先順位が高いのであれば、周りが先だと思います。

ですが、

相手と一緒に大きな目的に向かって進んでいる場合は、

自分の器や技術が目標達成に不可欠な要素かも知れません。

その場合は自分の成長が先になると思います。

違う切り口では、

レベル1の自分が人を育てるより、

レベル100の自分が人を育てる方が、

育てるスピードが早くなる場合もあります。

その場合は、自分を育てることが先になる。

と判断することもあるでしょう。

この世界に1つの正解は無いと思っています。

様々な考えを元に、

自分の中の正解を積み重ねて行っていただけたらと

思っています。

「何かの判断に迷ったときには、

「目標」や「目的」に立ち戻ると

判断ができるようになるよ。」

と教えてくれます。

行動ベースや、数字だけを見て迷う時には

「行動」→「目標」→「目的」→「動機」

というふうに、今、迷っている階層よりも

より根源的な階層に立ち戻り、その視点から

考えることで解決できることも少なくありません。

確かに行動ベースにおいて

「どちらが正しいか?」

「何が正しいか?」

という質問をしてしまうと、どちらも正しく見えたり、

答えが無限にあるように見えて迷ってしまいがちです。

ですが、

その行動の、そもそもの「目標」や、

目標を達成する「目的」

さらには、目的を達成したいと思った「動機」

に立ち戻ると、より高い視点から俯瞰して

見ることができ、自然と選択すべき道が

見えることも少なくないのです。

関連記事

  1. 人が集まる人の考え方

  2. TADロゴ_横長

    The Academic Distinction

  3. 心の知能指数

  4. 自分への質問

  5. リーダーシップ

  6. 「やるのは全て人間」

  7. 一流と二流の決定的な違い

  8. セールスの本質

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。